リハビリテーション | 徳島で人間ドックなら虹の橋病院

リハビリテーションRehabilitation

よりよい暮らしのための、安心・快適な総合リハビリテーションセンター

虹の橋病院には、徳島県内有数の「総合リハビリテーション」機能を完備しています。
急性期から慢性期に至る原因疾患に対しては当院の整形外科、外科、内科部門で専門的検査や治療を行うとともに、専従の理学療法士が適切なリハビリテーションをプログラム、作業療法士とともに障害を可及的に最小限にとどめ、慢性期に移行した場合には医師による治療ならびに継続的な通院リハビリにより失われた機能の回復、健康の維持、増進を図る総合的リハビリテーションを行っていきます。

理学療法士

さまざまな原因で体に何らかの障害を持った方に対して、基礎運動能力の回復を目的に、運動・指導を行うリハビリテーションの専門家です。
医師との緊密な連携のもと、検査結果に基づき治療計画を立て、治療訓練や理学的療法を加えながら身体機能の回復を手助けします。
基本的な医学知識や最新の治療を技術を有することはもちろん、よき相談相手として叱咤激励しながら、能動的な回復訓練へと導きます。

作業療法士

リハビリは必要な方々に、手工芸や園芸、料理の体験を通じて楽しみながら実生活への適応能力や運動機能の回復や改善をサポートします。
理学療法士が「からだ」の基本的な動作能力の快復をめざすのに対して、作業療法士は「日常生活」が支障なく送れるよう適応能力を高めるお手伝いをします。

言語聴覚士

脳卒中やその他の病気によって脳に損傷を受けコミュニケーションに必要な機能や食べる機能に問題をきたすことがあります。
言語聴覚士はこのような問題への対処法を見出すために検査・評価を実施し、症状に合わせた治療を提供します。

言語聴覚士(ST)による各種評価・検査等

脳卒中後の運転が不安・・・


SDSA(Stroke Drivers Screening Assessment)の一例

脳卒中後の患者さまの運転能力を評価する際、記憶力や注意力といった細かな検査を行っていましたが、どの程度の基準を満たせば運転が可能なのかが不明確であった為、より専門的な運転評価が課題となっていました。
SDSAは、机上で行える簡単な検査で、運転適性の有無を明確に判断することができます。
当院では言語聴覚士や作業療法士の訓練の中で運転を希望する方の安全性を確認し、運転に対する助言や指導を行っています。

≪当院で採用している言語/高次脳機能検査≫

  • SLTA(標準失語症検査)
  • SLTA-ST(標準失語症検査補助テスト)
  • WAIS-Ⅲ(成人知能検査)
  • CAT / CAS(標準注意検査法/標準意欲評価法)
  • BIT(行動性無視検査)
  • CPM(レーブン色彩マトリックス検査)
  • コース立方体組み合わせテスト
  • HDS-R(長谷川式簡易知能評価スケール)

訪問リハビリ

当院では、訪問リハビリも行っております。
訪問リハビリについての詳しい内容は、下記からご確認ください。